記事一覧

スイーツレッスン

BILBAOのお稽古ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

お菓子教室でケーキを習いました。

ピスタチオのお菓子です。

ピスタチオと言えば、普段はケーキのトップに2〜3粒ほどデコレーションされている脇役的な存在のイメージ。

今回は、主役に大抜擢されておりました。

moblog_65686919.jpg

先ずは、先日購入したばかりの、お料理教室の先生オリジナルデザインのエプロンを付けて準備。

moblog_a89f37f3.jpg

卵白の生地にイラン産ピスタチオとフランス産のピスタチオペーストを混ぜ込んだ、しっとりとした生地がベースです

生地の間には発酵バターをたくさん使った軽い食感のバタームースがサンドされます。ムースの中には、フランボワーズ、レモン汁とキルシュに1週間漬け込んだパイナップルをいっぱい入れ込みます。

アーモンドとピスタチオの薫り高くてエキゾチックでありながら、フルーツやキルシュの爽やか感も感じられる生菓子です。

moblog_a149e8d3.jpg





今回は下準備(先生が事前にして下さいました)や作業の工程が多くて、結構大変でした(´・_・`)

もっと練習して精進しなくては





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント